ダイソーの大きめなタングルティーザーもどき(立体ヘアブラシ)の使用感と、本家ザ・オリジナルとの比較

ダイソーの大きめなタングルティーザーもどき(立体ヘアブラシ)の使用感と、本家ザ・オリジナルとの比較のサムネイル

ダイソーには3種類のタングルティーザーもどきが販売されています。今回はそのうちの、最も人気があるであろう立体ヘアブラシを、本家タングルティーザーのザ・オリジナルと比較していきます。

本家のタングルティーザーについて

この項目は以前投稿した『ダイソーの小さいタングルティーザーもどき(立体型ヘアブラシ)の使用感と、本家サロンエリートとの比較』と同じ内容です。読み飛ばしても問題はありません。

手持ちのタングルティーザー ザ・オリジナル

手持ちのタングルティーザー ザ・オリジナル

「タングルティーザー」は、髪に無理な負荷をかけることなく、まるで魔法のように スッと髪を解きほぐすイギリス生まれのヘアケアブラシ。

【公式】タングルティーザーとは

タングルティーザーには、最もポピュラーなザ・オリジナル、持ち運び用のコンパクトスタイラー、ヘアサロンでの利用を想定したサロンエリートなど、様々種類があります。しかし、長さの違うブラシの二段構造と、柔軟性や弾力性に優れたブラシの素材という、髪を絡まないようにするための作りはすべて共通です。

ボリュームのある長い髪でもとかしやすく、とてもよいブラシなのですが、最も安いトライアル版のザ・オリジナルミニでも1500円、人気のコンパクトスタイラーは2500円と、気軽に試せる値段ではありません。

ダイソー 立体ヘアブラシ

ダイソーのタングルティーザーもどきの3種類のうちの1つ、立体ヘアブラシです。

ダイソーの立体ヘアブラシ

ダイソーの立体ヘアブラシ

最長部分は縦が約19cm、横が約7cmで、一般的なブラシと比べて大きいです。ブラシ部分だけだと縦が約10.5cm×横が約7cmです。曲線系のデザインなので測り方によって詳細が代わりので参考程度に。

なお、本家タングルティーザーで持ち手なしの『ザ・オリジナル』は全体縦が約11.5cmの横が約7.4cmで、今回の立体ヘアブラシのブラシ部分のみの寸法に近いです。

ダイソー 立体ヘアブラシ と タングルティーザー ザ・オリジナルの比較

映り込みがあったので一部モザイク処理をしています。ご了承ください。

見た目と素材の比較

ダイソー立体ヘアブラシのサイズは大きく、タングルティーザー ザ・オリジナルに取っ手が付いたような形をしています。

タングルティーザーとダイソー立体ブラシのサイズ比較

タングルティーザーとダイソー立体ヘアブラシのサイズ比較

先述した通り、ブラシ部分のサイズは同じくらいです。

ブラシ部分のサイズ比較

ブラシ部分のサイズ比較

ダイソー立体ヘアブラシのブラシ部分は長さが長中短の3段、タングルティーザーは長短2段です。

ブラシの長さは、ダイソー立体ヘアブラシが約15mm・約10mm・約6mm、タングルティーザー ザ・オリジナルが約13mm・約7mmでした。

タングルティーザーとのブラシ部分の比較

タングルティーザーとのブラシ部分の比較

ブラシの素材は、タングルティーザーは熱可塑性ポリエーテルエステルエラストマーです。ダイソー立体ヘアブラシは、ブラシ単体の素材としては書かれていませんが、パッケージの商品説明にはブラシ全体の材質としてポリプロピレン、ポリエチレンとあります。

ダイソー立体ヘアブラシのほうがブラシが太いですが、少々柔らかく頼りない印象です。

ブラシ先端の処理はタングルティーザーのほうがなめらかで、ダイソー立体ヘアブラシは少々バリが残っている箇所がありました。

使い勝手の比較とダイソー立体ヘアブラシの雑感

ダイソーの立体ヘアブラシは、以前レビューした『ダイソー立体型ブラシ(ミニ)』と使い心地が似ていますが、大きい分ブラッシングのしやすさはこちらのほうが上です。

ダイソーの立体ヘアブラシの使用感の要約

普通のブラシと比べると
(タングルティーザーほどではないが)スムーズな櫛通りで絡みにくい
(タングルティーザーほどではないが)さらさら感は実感できる
タングルティーザーと比べると
髪を深くまでとかすことができない
(取っ手を持ってとかす場合は)力が必要になる
慣れないうちは頭皮が痛い
比べずに単体で見て
100円と考えたら満足できる

今回の『ダイソー立体ヘアブラシ』はダイソータングルティーザーもどき3種の中では最も本家に近いと感じました。さすがに本家タングルティーザーには劣りますが、安い分、雑に使えるというのは大きな利点です。

ただし、以前レビューしたダイソー立体型ブラシ(ミニ)と同じように、本家タングルティーザーと比べて、ブラシ部分が髪の奥までささりません。これは特徴である3段階ブラシの影響かと思います。

反して、とかす際の抵抗が比較的強く、特に取っ手部分を持って使った場合、本家タングルティーザーよりも強い力が必要です。

また、デザインが完全に右利き用です。左利きでも使えないことはないですが、少々の違和感があります。

これらを踏まえると完全な代替品とはならないものの、なんといっても安いですし、多段ブラシの良さはしっかりわかります。

お風呂用などハードに使いたいけれど、本家のタングルティーザーを使うのはもったいなくて抵抗がある、などといったケースでは、このダイソー立体ヘアブラシがちょうどよいのではないでしょうか。


ダイソーの3種タングルティーザーもどきと本家の比較記事は今回で終了です。少し調べてみたところ、100円ショップキャンドゥにもタングルティーザーもどきが1つ、その他ネットショップでも類似品が見つかりました。いずれ手に入れることができたらまた投稿しようと思っています。