レビュー:OWN PWR(オウンパワー)ホエイプロテイン 100 ココア味を飲んだ感想と情報整理

レビュー:OWN PWR(オウンパワー)ホエイプロテイン 100 ココア味を飲んだ感想と情報整理のサムネイル

OWN OWRはAmazonスポーツ栄養カテゴリブランドで、2019年7月に発表されましたが、2020年12月現在ではまだ2種類のホエイプロテインしか販売していません。そのうちの一つがOWN PWR ホエイプロテイン 100 ココア味です。

オウンパワーココア 基本情報

参考にする前の注意

2020年12月時点の情報であり、現行のものとは異なる可能性があります。

パッケージの見た目

OWN PWR ホエイプロテイン 100 ココア味 パッケージ

原材料名(パッケージ裏より)

乳清たんぱく濃縮物(乳成分を含む)(アメリカ製造)、ココアパウダー、食塩/香料、甘味料(アスパルテーム、L-フェニルアラニン化合物)

記事作成時の値段

記事作成時のAmazonでの値段
2600円/1kg(2020年11月時点)
1食分の値段(通常量)
52円/おおよそ20g(1kgで約50.0食分)
タンパク質量20gで計算した1食分の値段
65.41円/おおよそ25.16g(1kgで約39.75食分)
タンパク質1gの値段
3.27円

飲み方

水または牛乳80~100mlに、本品約20g(付属のスプーン約2杯)を溶かして飲んでください。シェイカーを使用しますと溶けやすくなります。※量はお好みに応じて調整してください。

OWN PWR ホエイプロテイン 100 ココア味 パッケージ裏

オウンパワーココア 栄養成分表

項目 公式 タンパク質20g基準
エネルギー 79.0kcal 99.37kcal
タンパク質 15.9g 20.0g
脂質 0.7g 0.88g
炭水化物 3.2g 4.03g
食塩相当量 0.1g 0.13g
1回分の量(g) 20.0g 25.16g

購入前にわかる特徴

OWN POWER(オウンパワー)はAmazonのプライベートブランドです。今のところはホエイプロテイン2種(ココア、チョコレート)のみをAmazon限定で販売しています。

ココアとチョコレートの違いは以下の通りです。

美味しく飲める2つのフレーバー

ココア味
甘い味がお好きな方に。やさしい口当たりです。

チョコレート風味
甘すぎないさっぱりとした味に仕上げました。

Amazon | [Amazonブランド] OWN PWR ホエイプロテイン 100 ココア味 1000g

販売者はホエイプロテインメーカーのアルプロンとなっています。Amazon販売ページによると、Amazon・アルプロン共同企画で商品開発したとのことです。

タンパク質量は30g中23.85gです。2020年10月に集計した、他メーカーを含むタンパク質量を比較した表で比べると、味なしプロテインを含めた82種類のうち2番目、味付きでは74種類中1番目でトップで、他メーカーの一部プレーンタイプよりも高い数値です。

標準価格は2020年11月時点で2600円。大き目のAmazonタイムセールでは頻繁に値引き対象になっており、2020年10月のタイムセール祭りでは1600円以下で購入することができました。ただ在庫は安定しておらず、特にセール後は在庫なしになることが多い印象です。

購入後にわかる情報と飲んだ感想

プロテインの見た目(さらさら、もったり)

さらさらしていて、いかにも粉! という形状をしています。押すと軽く固まりますが、すぐに崩れました。

スプーンですくって傾けると、垂直になるまでプロテインがさじ上に留まり、斜め下を向いた瞬間にストンと落ちました。その後、ひっくり返しても落ち切らず、スプーン内側の先に少しだけ粉が残っていました。

OWN PWR ホエイプロテイン 100 ココア味 粉の見た目

溶けやすさ

シェイカーに付属スプーン2杯(規定量の約20g)のプロテインを入れて:

公式推奨量80mlの水で割って30回(約10秒)シェイクしたら

少ない水でもかなり溶けやすいものの、たまにいくつかのダマが残ります。泡立ちは少なく、10分放置しても状態はほぼ変わりませんでした。

OWN PWR ホエイプロテイン 100 ココア味 を水でシェイク

水でシェイクした直後と10分後の様子。矢印部分で80ml。

80mlの冷たい牛乳で割って30回(約10秒)シェイクしたら

水よりはダマが残りやすく、泡も発生しやすいですが、やはり気にならない程度です。もったりしたシェイク系の泡。

OWN PWR ホエイプロテイン 100 ココア味 を牛乳でシェイク

牛乳でシェイクした直後と10分後の様子。矢印部分で80ml。

袋を開けた瞬間に思ったこと

(ココアだけど粉の)色は薄い。甘ーいココアの香り。(香りで)久しぶりに頭が痛くなった。おもちゃねりけしみたいなわざとらしい香りだ、これ苦手かも、覚悟しておこう。

味の第一印象

はじめて水で割ったとき

とろみがあって意外にちゃんと溶けてる。あー苦手な、いかにも人工的な甘さだ。ココア感は少ない、FIXITのバニラ味を思い出すな。最低限『飲める』味と思っておくのがよさそう。

はじめて牛乳で割ったとき

マックシェイク系のドロッとした感じでココア感は少な目。水よりは自然に飲める。ダマも溶けてるし……まあ飲みやすい。おいしいかも?

飲みなれてからの味の印象

典型的な人工甘味料入りのココア味

ココア味のホエイプロテインは今回で5種類目(人工甘味料あり3、なし2)になります。だいぶ定番の味にも慣れてきて、今回のオウンパワーココア味に対してもいつものココア風味だと感じました。すなわち、人工甘味料感が目立つ薄いココア味です。

Amazon商品ページにある『たんぱく質含有量を高く維持するため、香料・甘味料等の使用割合を抑えており、シンプルな味わいに作られています。』という紹介文の通りと言えます。

実際、他メーカーと比べると、よりココアの風味が薄くて甘さが目立つように感じました。また、最初に飲んだ時はなぜかFIXITのバニラ味を思い出しました。ホエイっぽいということでしょうか?

あまり得意な味ではないので、最初はハズレかと思いましたが、いつも通りに最後のほうには(おいしいとは言い切れなくとも)慣れました。普段からホエイプロテインココア味に慣れている方だったら問題なく摂取できるはずです。

少ない液体量で溶けて泡立ちも少な目

パッケージ裏にて少ない水でも溶けて、おいしく飲めると宣言している通りで、水・牛乳ともに量が少なくても問題なく溶けました。味が苦手でも量が少ないので、最悪一気飲みで乗り切れます(私も最初はそうしていました)。

水でシェイクするとココアっぽい風味のする水

ココアの風味が薄いため、水割りだと、薄いココア味ではなくココアとホエイっぽい甘い水になります。少ない水で溶かすことができるので、工夫次第ではきちんと味がわかるようになります。

水80mlに付属スプーン2杯(公式推奨量)

わずかなとろみあり。液体最小量でもココアの風味は少なめです。人工甘味料感は強め。

水80mlに付属スプーン2杯で冷蔵庫に数時間放置

舌に抵抗感を感じる程度のとろみ。味は違和感大で、常温より変な甘さになりココア感も弱まりました。ホエイ臭さも増した気がします。

水100mlに付属スプーン2杯(公式推奨量)

とろみはほぼなし。よりココアは薄まったものの、甘さも抑えめになりました。

水150mlに付属スプーン2杯

さすがに薄いです。ココア感はごくわずかになりますが、甘さはわかります。舌に味が乗らない感じ? シュワシュワした潰れやすい泡が発生。

牛乳でシェイクしても香りの違和感は残る

水割りよりは自然なココアに近づきます。牛乳が少ないほどドロッとして粘度が増すので、デザート感覚で飲めました。甘さの変な違和感は相変わらず。

牛乳80mlに付属スプーン2杯(公式推奨量)

マックシェイクのようにドロッとしていて、数個のダマが残ることがありました。ココア感は少な目ですが、甘さが強いので胸やけしそうになりました。

牛乳80mlに付属スプーン2杯で冷蔵庫に数時間放置

もったりした泡のまま冷えて、傾けても泡のまま落ちてきます。溶けたアイスクリームパターン。飲みにくいですが、デザート感は1番でした。

牛乳100mlに付属スプーン2杯(公式推奨量)

やはりもったりしたシェイク系の泡です。牛乳で甘さが隠れたのか、最も違和感なく飲むことができました。これならおいしいと思えます。

牛乳150mlに付属スプーン2杯

口の中ですぐに潰れる泡が大量に発生します。少し甘くてココアっぽい牛乳。泡さえなければこれくらいの味でも飲みやすいと感じました。

ココアを足しても甘さの違和感は消えず

薄めのココア風味を強化してやれば飲みやすくなるかとテスト。甘さの違和感が減って飲みやすくなりました。

水100mlに付属スプーン2杯+無糖ココアパウダー小さじ1

粉末ココア自体が溶けにくく、シェイク後にダマが大量発生。ですがきちんとココアに近づき、甘さの違和感を隠してくれました。

牛乳100mlに付属スプーン2杯+無糖ココアパウダー小さじ1

水と同じくココアだけのダマができましたが、口の中で溶かすようにして飲むとアクセントになりおいしかったです。甘さの違和感もココアの苦味が隠してくれました。

付属スプーンについて

スプーンはパッケージの中に入っています。開封直後、プロテインにスプーン全体が埋まっている状態でした。

OWN PWR ホエイプロテイン 100 ココア味 付属スプーン

オウンパワーココアの付属スプーン

付属スプーン1杯の容量

30ml

付属スプーン1杯のグラム数

公式表記

約10g(付属スプーン2杯で約20g)

すりきり実測

約12g(5回計測して12g-13g-12g-13g-12g)

小山盛り実測

約18g(5回計測して17g-18g-19g-18g-18g)

タンパク質を20g採りたい場合

すりきり約2.1杯(プロテイン1回量25.16g÷12gで計算)

フレッシュロック 角型 2.7L に入るか

プロテイン1kgの保管用としてよく使われているタケヤ フレッシュロック 2.7lに入りきるかどうかの検証です。

ぴったり入ります。一度、軽く容器の外側を叩いてカサを減らしました。

袋から容器へ直接移すことはできますが、粉が舞いやすいのと、最初のうちはドサッと塊で勢いよく落ちるタイプなので、慎重に行わないと大量にこぼれてしまいそうです。途中からは均一にさらさらと移すことができました。

OWN PWR ホエイプロテイン 100 ココア味 フレッシュロック

プロテイン全量をフレッシュロック角型2.7Lにいれた状態

その他雑記

販売元であるアルプロンのココアミルク味も飲んだことがあるのですが、もう1年以上前のことなので、味の比較はできませんでした。

以前書いたレビューを参考にすると、やはり人工甘味料の違和感を気にしていたのがわかります。

ホエイプロテインを飲み続けてやっと1年以上になり、だいぶ人工甘味料には慣れたはずでしたが、そうでもありませんでした。お腹が緩くなることがなくなったのはよかった・・・のでしょうか?

オウンパワーココア の総評

好みかどうか(5段階評価)

:嫌いではないし、あれば飲む。再購入するかはわからない。

飲み切ってからの感想

よくある人工甘味料使用のココアの中では、飲みにくい方に入るかなーと感じます。しかし、タンパク質保有率の高さと、Amazonタイムセールでかなり安くなることを考えると、コスパはかなり高いです。

安い味付きホエイプロテインを1kg単位で買いたい、というときに、セールを狙ってみるのがよさそうです。

オウンパワーココア ギャラリー

パッケージスキャンはスキャナのサイズが足りなかったので分割スキャンしてから合成しています。

今までに飲んできたプロテインの個人的なランキング(現37種)

:ご褒美になるくらいに好み。いずれまた必ず買う。
ハイクリアーヨーグルトリミテストデリシャス アーモンドミルクチョコレートハイクリアーグレープフルーツハイクリアーミックスフルーツリミテストデリシャス ストロベリー&ココナッツミルクリミテストP抹茶
:飲みやすく好印象。再購入の選択肢に入る。
バルキーコーヒーリミテストデリシャス キャラメルソルトボディウイングヨーグルトアルプロンチーズケーキボディウイングキャラメルハイクリアーグラスフェッドココアリミテストPココアハイクリアーグラスフェッド抹茶リミテストデリシャス ミルキーパインアルプロンチョコバナナボディウイングカフェオレボディウイングチョコミルク
:嫌いではないし、あれば飲む。再購入するかはわからない。
リミテストデリシャス レモン&ヨーグルトハイクリアーピーチFIXITコーヒーボディウイングバナナグロングSバナナグロングS抹茶ハイクリアーアップルリミテストPコーヒーバルキー抹茶オウンパワーチョコレートバルキーココアアルプロンココアミルクオウンパワーココア
:飲めるけど好きではないし、もう買わない。
ハイクリアーアセロラハイクリアーあっさりミルクグロングSストロベリーハイクリアープレミアムココアアルプロンヨーグルトFIXITナチュラルバニラ
:飲むのに抵抗がある。もったいないから消費するけど途中でやめたい。
(味付けなしプレーンタイプのホエイプロテイン全般)
:飲めない。できれば存在を忘れたい。
(現時点での該当なし)

ランキングについての補足

  • 2021年04月時点のランキングです。
  • ランク内では左にあるほど好みのプロテインです。
  • 『好み』の基準は、飲みやすさ>味>その他の要素、の順番で判断しています。
  • 全てホエイプロテインです。それ以外のソイプロテインなどを試す予定はありません。
  • デキストリン・マルトデキストリンが含まれるホエイプロテインは避けがちです。
  • ホエイのプレーン(味付けなし)タイプは、複数メーカーをまとめてとしています。
  • お腹が空いた時に飲みたいと思えるのは以上です。
  • のボディウイングヨーグルトはクエン酸を足すとの最上位に入ります。
  • グロングSグロングスタンダードリミテストPリミテストピュアの略です。