レビュー:バルキー ホエイプロテイン ココア味を飲んだ感想と情報整理

レビュー:バルキー ホエイプロテイン ココア味を飲んだ感想と情報整理のサムネイル

タンパク質の重要性が世間に知られてきた影響でしょうか。かつては高くて手を出しにくかったホエイプロテインですが、(本当にありがたいことに)今では1kg2500円以下のものがポンポンと出てきています。今回レビューするバルキー ホエイプロテイン ココア味もその一つで、Amazonでは2019年12月に発売されました。

バルキーココア 基本情報

参考にする前の注意

2020年09月時点の情報であり、現行のものとは異なる可能性があります。

パッケージの見た目

バルキー ホエイプロテイン ココア味 パッケージ

原材料名(パッケージ裏より)

乳清たんぱく(乳成分を含む)、ココアパウダー/乳化剤(大豆由来)、香料、甘味料(スクラロース、アセスルファムK、ステビア)

記事作成時の値段

記事作成時のAmazonでの値段
2480円/1kg(2020年9月時点)
1食分の値段(通常量)
81.84円/おおよそ33g(1kgで約30.3食分)
タンパク質量20gで計算した1食分の値段
67.92円/おおよそ27.39g(1kgで約36.52食分)
タンパク質1gの値段
3.4円

飲み方

まず水200mlをシェイカーに注ぎ、付属スプーンすりきり2.5杯(約33g)を入れて、蓋をしっかりと締め10秒シェイク。

バルキー ホエイプロテイン ココア味 パッケージ裏

バルキーココア 栄養成分表

項目 公式 タンパク質20g基準
エネルギー 127.0kcal 105.39kcal
タンパク質 24.1g 20.0g
脂質 1.65g 1.37g
炭水化物 3.9g 3.24g
食塩相当量 0.38g 0.32g
1回分の量(g) 33.0g 27.39g

購入前にわかる特徴

2020年9月時点では、Amazonの公式販売ページでは、成分表・原材料ともに表記されていません。公式ページの成分表も、手持ちのパッケージとは値が異なります。

タンパク質量は30g中21.91gです。2020年8月に集計した、バルキー以外のメーカーのタンパク質量を比較した表と値を比べると、だいたい味なしプロテインを含めた68種類のうち41番目、味付きでは60種類中32番目に入る、平均的な値でした。

標準価格は2020年9月時点で2480円で、たまにAmazonタイムセールで2000円以下になっています。

購入後にわかる情報と飲んだ感想

プロテインの見た目(さらさら、もったり)

ふわふわしていて細かい粉です。押すと固まる片栗粉タイプ。密度が大きいのか、スプーンを突き刺すと軽い抵抗を感じました。

スプーンですくって傾けてもなかなか落ちません。垂直になってもほとんどがさじ上に留まり、真下を向けたらどさっと一気にほぼ全てが落ちますが、さじ先端にわずかに残ることもあります。少し扱いにくい粉という印象です。

バルキー ホエイプロテイン ココア味 粉の見た目

溶けやすさ

シェイカーに付属スプーン2.5杯(規定量の約33g)のプロテインを入れて:

公式推奨量200ccの水で割って10秒シェイクしたら

指示通りに10秒しっかり振ったおかげかダマはほぼありませんでした。ホームページには『泡立つのは余計なものが入っていない証』と書いてありましたが、思ったよりは泡立ちませんでした。

バルキー ホエイプロテイン ココア味 を水でシェイク

水でシェイクした直後と10分後の様子。矢印部分で200cc。

200ccの冷たい牛乳で割って10秒シェイクしたら

溶けやすくはありませんが許容範囲です。容器の底や側面に1~3mm程度のダマがあるくらい。泡立ちは水と比べて激しく、10分経ってもなかなか消えませんでした。

バルキー ホエイプロテイン ココア味 を牛乳でシェイク

牛乳でシェイクした直後と10分後の様子。矢印部分で200cc。

袋を開けた瞬間に思ったこと

思ったよりもココアの香りがない。よく嗅げばわかるけど。なんか中身に対して袋が大きすぎない?

味の第一印象

はじめて水で割ったとき

味は水っぽくて甘さ控えめ。ココアっぽさも少ない。これ(推奨の200mlでなく)150mlのほうがよさそうだな。ステビアが入っているらしいけど、人工甘味料っぽさのほうが強い。

はじめて牛乳で割ったとき

(人工甘味料の)変な甘さが目立つ。飲んだ瞬間にわかる。ココア感はあまりない。一応ココアだけど、おいしいというよりは『飲める』という感じ。

飲みなれてからの味の印象

思ったより甘くない、そしてココア感も少ない

一つ前に飲んでいたホエイプロテインが、人工甘味料なしでステビア使用のホエイプロテインなので、比較しようと選んだのが今回のバルキーホエイプロテインココアです。

人工甘味料使用なので、(例えばグロングシリーズのように)ガツンと甘いのだろうと思っていたのですが、普通に甘い、くらいで、すごく甘い、ではありませんでした。人工甘味料の嫌な後味はあります。

ココアの風味も控えめな印象です。粉に混ざったココアパウダーが見えていたせいで『これはココアが強そう』と思っていたため、肩透かしを食らってしまいました。そのわりにホエイ臭さが気にならなかったのは好印象。

そういえばホエイの粉っぽさも気にならなかったような・・・。

なんというか普通のココアホエイプロテインです。飲みやすさもほどほどですし、特筆するところがないといいますか。

水でシェイクすると甘くて水っぽいココア

そのままです。香りより甘さを強く感じる水っぽいココアでした。人によってはココア風味の甘い水かもしれません。

人工甘味料タイプのココア味のホエイプロテインを飲んだことがあるなら、それをそのままイメージすれば正解だと思います。

水200mlに付属スプーン2.5杯(公式推奨量)

推奨量ではありますが個人的には薄く感じました。これぞ水っぽいココア。

水200mlに付属スプーン2.5杯で冷蔵庫に数時間放置

最初の一口でココアの味がしなかったのでよく見てみたら、底にココアだけが沈んでいました。シェイク後でも、冷たさでココアが弱くなっていて、うっすらココアっぽい甘い水という感じ。

水150mlに付属スプーン2.5杯

個人的なベスト。ココアの香りが強く、味も濃くなっていい具合です。ただし1~3mmのダマが容器側面に多く残ってしまいました。よくシェイクすれば対策可。

牛乳でシェイクすると甘さに違和感のあるココアミルク

先述したとおりココアの風味は強くないので、牛乳で割っても『普通のココア』にはなりません。甘いココア風味のミルクです。

どういうわけか水割りよりも人工甘味料の違和感が強いと感じました。ココアの風味が牛乳で弱くなってしまったからかも?

牛乳200mlに付属スプーン2.5杯(公式推奨量)

泡立ちが気になります。人工甘味料の違和感が強めで、ココア感もあまりありません。また、説明通りに10秒シェイクしてもダマが残ることがありました。

牛乳200mlに付属スプーン2.5杯で冷蔵庫に数時間放置

水と同じくココアが底に溜まっていました。ダマは溶けてなくなり、甘さの違和感も減ります。まあおいしい。

牛乳150mlに付属スプーン2.5杯

どろっとしていて舌でわかるくらいの大きさのダマが多めに残ります。味はこれくらい濃いほうが好きなのですが・・・ココアが強くなったからか、甘さの違和感は少なめに。

牛乳250mlに付属スプーン2.5杯

液体を多めにしてもダマは消えず。泡がすごくて牛乳が強め。ココア風味の牛乳。

純ココアを足すと濃くなるけどダマも出る

薄いならココアを足せば濃くなる・・・のですが、他のホエイプロテインと同じように、純ココアだけのダマが残るようになります。

水200mlに付属スプーン2.5杯+純ココア小さじ1

水っぽいココアがちょっと苦くなった感じ。思ったより濃厚にはなりません。わざわざ足すほどでもない変化。

牛乳200mlに付属スプーン2.5杯+純ココア小さじ1

味は普通にココアになり美味しく飲めます。ただ、純ココアのダマを残さずにシェイクするのはとても難しいです。

付属スプーンについて

バルキー ホエイプロテイン ココア味 付属スプーン

バルキーシリーズ共通の付属スプーン

スプーンはパッケージの外側にセロハンテープで貼りついていました。

付属スプーン1杯の容量

30cc

付属スプーン1杯のグラム数

すりきり

約13g(5回計測して14g-14g-13g-13g-13g)

小山盛り

約19g(5回計測して19g-17g-19g-19g-19g)

フレッシュロック 角型 2.7L に入るか

プロテイン1kgの保管用としてよく使われているタケヤ フレッシュロック 2.7lに入りきるかどうかの検証です。

途中でカサ減らしのために1回容器を叩いたらぴったり入りました。

さらさらとはしていますが落ちる量が不安定で、袋から容器へそのまま移すのは難しかったです。特に最初は、失敗したらドバっと一気に出て大惨事になりそうな予感がありました。中身が減ってからはスムーズになります。

容器に入れて振ったら、ココアが分かれて側面にくっついて見えるようになりました。はじめてみるパターンでした。

バルキー ホエイプロテイン ココア味 フレッシュロック

プロテイン全量をフレッシュロックにいれた状態。うっすら茶色い部分がココア。

その他雑記

規定量スプーンすりきり2.5杯という、半端な量が地味にやっかいでした。

スプーンですくって軽くゆらして、余分な粉を落とし、なんとなくすりきりっぽくする、という動作が少々手間です。粉自体が扱いにくいこともあり、たまにこぼしてしまうことがありました。

ただ、この件は容器への詰替をしていなければ関係ないかと思います。袋のまま保管してあれば、袋の内側に押しつけてすりきれば、スムーズに取り出せるのではないでしょうか。

バルキーココア の総評

好みかどうか(5段階評価)

:嫌いではないし、あれば飲む。再購入するかはわからない。

飲み切ってからの感想

タンパク質量なども平均的で、普通のココア味のホエイプロテインという感じ。タイムセール対象で2000円以下になっていればお得ですが、標準価格では選ぶ理由は少ないかなあと思います。

バルキーココア ギャラリー

パッケージスキャンはスキャナのサイズが足りなかったので分割スキャンしてから合成しています。

今までに飲んできたプロテインの個人的なランキング

:ご褒美になるくらいに好み。いずれまた必ず買う。
ハイクリアーヨーグルトハイクリアーグレープフルーツハイクリアーミックスフルーツリミテストP抹茶
:飲みやすく好印象。再購入の選択肢に入る。
バルキーコーヒーボディウイングヨーグルトアルプロンチーズケーキボディウイングキャラメルハイクリアーグラスフェッドココアリミテストPココアハイクリアーグラスフェッド抹茶アルプロンチョコバナナボディウイングカフェオレボディウイングチョコミルク
:嫌いではないし、あれば飲む。再購入するかはわからない。
ハイクリアーピーチFIXITコーヒーボディウイングバナナグロングSバナナグロングS抹茶ハイクリアーアップルバルキーココアアルプロンココアミルク
:飲めるけど好きではないし、もう買わない。
ハイクリアーアセロラハイクリアーあっさりミルクグロングSストロベリーハイクリアープレミアムココアアルプロンヨーグルトFIXITナチュラルバニラ
:飲むのに抵抗がある。もったいないから消費するけど途中でやめたい。
(味付けなしプレーンタイプのホエイプロテイン全般)
:飲めない。できれば存在を忘れたい。
(現時点での該当なし)

ランキングについての補足

  • 2020年10月時点のランキングです。
  • ランク内では左にあるほど好みのプロテインです。
  • 『好み』の基準は、飲みやすさ>味>その他の要素、の順番で判断しています。
  • 全てホエイプロテインです。それ以外のソイプロテインなどを試す予定はありません。
  • ホエイのプレーン(味付けなし)タイプは、複数メーカーをまとめてとしています。
  • お腹が空いた時に飲みたいと思えるのは以上です。
  • のボディウイングヨーグルトはクエン酸を足すとの最上位に入ります。
  • グロングSグロングスタンダードリミテストPリミテストピュアの略です。