レビュー:ハイクリアー WPCホエイプロテイン100 さっぱりアセロラ味を飲んだ感想と情報整理

レビュー:ハイクリアー WPCホエイプロテイン100 さっぱりアセロラ味を飲んだ感想と情報整理のサムネイル

暑いときに合う、ハイクリアーのクエン酸入りホエイプロテイン。ハイクリアー WPCホエイプロテイン100 さっぱりアセロラ味もその一つです。アセロラなのでかなり酸っぱいだろうと予想していましたが、反して、甘さのほうが目立ちました。

ハイクリアー さっぱりアセロラ 基本情報

参考にする前の注意

2020年08月時点の情報であり、現行のものとは異なる可能性があります。

パッケージの見た目

ハイクリアー WPCホエイプロテイン100 さっぱりアセロラ味 パッケージ

原材料名(パッケージ裏より)

乳清たんぱく、化石サンゴカルシウム/クエン酸、香料、ビタミンミックス(V.C、抽出V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、V.D、V.B12)、乳化剤、甘味料(スクラロース、アスパルテーム/L-フェニルアラニン化合物)、(一部に乳成分・大豆を含む)

記事作成時の値段

記事作成時のAmazonでの値段
2498円/1kg(2020年8月時点)
1食分の値段(通常量)
62.45円/おおよそ25g(1kgで約40.0食分)
タンパク質量20gで計算した1食分の値段
66.65円/おおよそ26.68g(1kgで約37.48食分)
タンパク質1gの値段
3.33円

飲み方

付属のスプーン擦り切り3~4杯程度を、150ml~300mlの水やお好きな飲料に混ぜてお召し上がりください。専用のHIGH CLEAR プロテインシェーカーをご使用になると混ざりやすくなります。

ハイクリアー WPCホエイプロテイン100 さっぱりアセロラ味 パッケージ裏

ハイクリアー さっぱりアセロラ 栄養成分表

項目 公式 タンパク質20g基準
エネルギー 101.4kcal 108.22kcal
タンパク質 18.74g 20.0g
脂質 1.5g 1.6g
炭水化物 3.09g 3.3g
食塩相当量 0.13g 0.14g
1回分の量(g) 25.0g 26.68g

購入前にわかる特徴

タンパク質のほかに11種類のビタミンと天然由来のミネラルを含有しています(ハイクリアーシリーズ共通)。使用されている甘味料は合成甘味料のスクラロースとアスパルテーム/L-フェニルアラニン化合物です。

タンパク質量は30g中22.49gです。2020年6月に他メーカーを含めて比較したところ、味なしプロテインを含めた52種類のうち28番目、味付きでは46種類中22番目で、真ん中くらいのランクでした。

標準価格は2020年8月時点で2498円。ハイクリアーの味付きシリーズでは一般的な値段です。

購入後にわかる情報と飲んだ感想

プロテインの見た目(さらさら、もったり)

さらさらしていて少し粗い粒子です。スプーンですくって傾けると、傾きと同時にスムーズに流れて落ちます。

ハイクリアー WPCホエイプロテイン100 さっぱりアセロラ味 粉の見た目

溶けやすさ

シェイカーに付属スプーン3杯(規定量の約25g)のプロテインを入れて:

公式推奨量200ccの水で割った場合

溶けやすくダマになることはほぼありません。シェイク直後には大きくて潰れやすい泡が発生しますが、10分後にはほぼおさまりました。

ハイクリアー WPCホエイプロテイン100 さっぱりアセロラ味 を水でシェイク

水でシェイクした直後と10分後の様子

200ccの冷たい牛乳で割った場合

水と同じく溶けやすくダマにもなりにくいですが、もったりとした泡が大量に発生します。10分後にはある程度は落ち着きました。

ハイクリアー WPCホエイプロテイン100 さっぱりアセロラ味 を牛乳でシェイク

牛乳でシェイクした直後と10分後の様子

袋を開けた瞬間に思ったこと

確かにアセロラの香りがする。けど、同じハイクリアーのさっぱりピーチほどは強くない。

味の第一印象

はじめて水で割ったとき

香りはアセロラだけど、味はちょっと違う。アセロラなのにあんまり酸っぱくない? どちらかというとアメリカンチェリー、輸入菓子のグミにあるようなわざとらしい感じ。粉っぽさとホエイっぽさが気になる。

はじめて牛乳で割ったとき

泡がすごいな。粉っぽさが薄れて、水割りよりはまあ飲みやすい。アセロラ風味が飛んで、なんともいえない、今までにない味がする。これは(水も牛乳も)ちょっと苦手かも。

飲みなれてからの味の印象

ハイクリアークエン酸入りタイプの中では甘さが強め

ハイクリアーのクエン酸入りタイプには、甘さが強めのタイプと酸っぱさが強めのタイプがあります。アセロラなので後者・・・と思いきや、今回のさっぱりアセロラ味は甘さ強めのタイプでした。

あくまでも個人的な意見ですが、変に甘ったるいという印象です。舌に残る甘さで、人工甘味料の違和感も強め。

ちなみにですが、今までに飲んだハイクリアークエン酸入りタイプを甘く感じた順に並べると以下の通りになります。

さっぱりピーチ≧さっぱりアセロラ>さっぱりアップル>さっぱりヨーグルト>ミックスフルーツ>さっぱりグレープフルーツ

アセロラの香りがするけどアセロラの味がしない?

粉そのものも、シェイクした後も、香り確かにアセロラです。ですが味は、先述したとおりに甘さが強めでさほど酸っぱくないので、一般的に想像するであろうアセロラとは異なっているように思います。

どちらかというとアセロラというよりはアメリカンチェリーに近いように感じました。色がどきつい輸入菓子にありそうな、癖の強い味です。むかーし食べた、チェリーの形をしたグミがこんな感じだったような・・・。

こういう感じのグミを思い出しました※画像はAmazonアソシエイトリンクです

Amazonのレビューを見てみたら、『ドクターペッパーやチェリーコークの味』と言っている人もいました。

どちらにせよかなり好き嫌いが分かれる味とは断言できます。

水で溶かすなら常温でなく冷水で!

味は先述したとおり、人工的なアメリカンチェリーのお菓子を思い出します。

香りはアセロラなのですが、ホエイ独特の香りを隠し切るほどではありません。特に常温水だと、独特の香料とホエイのムワッとした香りが混ざって鼻に残るのが、正直なところちょっとつらかった。

冷水で割ればホエイ臭さは(ゼロではないものの)比較的マシになります。飲みやすさに明確な差がつくので、常温でなく冷たい水でのシェイクをおすすめします。

なお、粉っぽいザラつきは常温でも冷水でもほぼ変化なしでした。

常温水200mlに付属スプーン3杯

溶け切ってはいるものの、舌に粉っぽいザラつきを感じました。ホエイのムワッとした風味も目立ちます。変に甘ったるい。

常温水250mlに付属スプーン3杯

甘さや独特の癖が少々薄まりますが、人工甘味料の違和感は舌に残ります。ホエイの香りも同様。

冷たい水200mlに付属スプーン3杯

粉っぽさにはさほど変化はないですが、ホエイの香りが鈍り、だいぶ飲みやすくなりました。

水200mlに付属スプーン3杯で冷蔵庫に数時間放置

とろみなどに変化はなし。やはりホエイの香りは鈍りますが、粉っぽさが少々増した印象でした。

牛乳で溶かすとごく薄いアセロラの香りが残る

牛乳割りでの泡立ちは、他のハイクリアークエン酸入りタイプと同じで、かなり強めです。シェイク直後だと空気と一緒に飲み込むかたちになるので、ガス対策は必須になります(私の場合、水溶性食物繊維の難消化性デキストリンを追加して対処しています)。

ホエイ臭さや粉っぽさが牛乳でマスキングされるので、水割りよりは飲みやすいです。同時にアセロラの香りも弱くなり、後味で少しわかる程度になります。

味は・・・今までにない味で例えが浮かびません。アメリカンチェリーにミルクを足した味、としておきます。

牛乳200mlに付属スプーン3杯

香りはアセロラミルク、味はアメリカンチェリーミルク。水割り200mlほどではないけれど甘さは強め。

牛乳200mlに付属スプーン3杯で冷蔵庫に数時間放置

泡立ちはわりとおさまりました。なぜか冷たさを強く感じます。アセロラがかなり薄れて、少し溶けたヨーグルトミルクシャーベットを飲んでいるようでした。

牛乳250mlに付属スプーン3杯

泡! ミルクがより強くなり癖が減りました。(慣れてきたこともあって)これならおいしいと思えたのですが、量が多いので、毎回はしんどいです。

クエン酸を足したら想像していたアセロラ風味になった

アセロラのように酸っぱくしようとクエン酸を足したところ、ガラッとイメージが変わりました。若干のホエイ臭さは残りますが、イメージしていたアセロラに近い、すっぱ甘い味になります。

私の場合、クエン酸なしは水でも牛乳でも苦手でしたが、クエン酸入りなら美味しく飲めました。

同じハイクリアーのグレープフルーツやミックスフルーツのように、酸っぱさを先にがっつり感じるくらいにクエン酸を入れて、キンキンに冷やした水や牛乳で割るのがおすすめで、暑い夏や運動後にぴったりです。

水200mlに付属スプーン3杯+クエン酸1/2

個人的なベスト。すっぱ甘くて美味しいです。これ以上クエン酸を足すと酸っぱさが強すぎました。

牛乳200mlに付属スプーン3杯+クエン酸1/2

水割りよりも甘さを感じやすいですが、ホエイ感も薄まって飲みやすいです。これはこれでおいしい。

水200mlに付属スプーン3杯+レモン果汁8滴くらい

酸っぱさを足せばいいならレモン汁でも・・・と思って試してみましたが、アセロラの香りと喧嘩してしまって、捉えようのない香りになっていまいました。あまりおすすめはしません。

Amazonにて『ビタミンC粉末を入れるとおいしい』というレビューがあったことも踏まえると、香りなしで酸っぱさのみを強くできるものを足すのがコツなようです。

付属スプーンについて

ハイクリアー WPCホエイプロテイン100 さっぱりアセロラ味 付属スプーン

ハイクリアーシリーズ共通の付属スプーン

スプーンはパッケージ裏にシールで固定されていました。

付属スプーン1杯の容量

20cc

付属スプーン1杯のグラム数

すりきり

約7g(5回計測して7g-7g-7g-8g-8g)

小山盛り

約10g(5回計測して11g-10g-10g-10g-10g)

フレッシュロック 角型 2.7L に入るか

プロテイン1kgの保管用としてよく使われているタケヤ フレッシュロック 2.7lに入りきるかどうかの検証です。

ぴったり入りますが、途中でカサを減らすために容器を1回叩く必要がありました。サラサラしていてスムーズに流れるので、袋から容器へそのまま簡単に移せます。

ハイクリアー WPCホエイプロテイン100 さっぱりアセロラ味 フレッシュロック

プロテイン全量をフレッシュロックにいれた状態

その他雑記

アセロラ風味とするなら、最初からクエン酸多めにして、酸っぱい状態で売り出したほうがいいような気がしないでもない。

クエン酸を足すとおいしいパターンは結構多いです。さすがにココアやチョコ系には合いませんが、今回のようなフルーツ系やヨーグルト系など、試せるフレーバーは多いように思います。

おすすめはmarugoのクエン酸。日本製、食用グレードで1kg送料無料680円と破格(100円ショップセリアの掃除用グレードよりも単価が安い)。それなのに粒子が細かくて溶けやすく扱いやすいということなし。

ハイクリアー さっぱりアセロラ の総評

好みかどうか(5段階評価)

:飲めるけど好きではないし、もう買わない。

飲み切ってからの感想

クエン酸入りなら☆3です。私の場合、クエン酸なしだと苦手でしたが、大丈夫であれば2パターンの味で楽しめます。普段とは違う変わり種として試すのがよさそうです。

ハイクリアー さっぱりアセロラ ギャラリー

パッケージスキャンはスキャナのサイズが足りなかったので分割スキャンしてから合成しています。

今までに飲んできたプロテインの個人的なランキング

:ご褒美になるくらいに好み。いずれまた必ず買う。
ハイクリアーヨーグルトハイクリアーグレープフルーツハイクリアーミックスフルーツリミテストP抹茶
:飲みやすく好印象。再購入の選択肢に入る。
バルキーコーヒーボディウイングヨーグルトアルプロンチーズケーキボディウイングキャラメルハイクリアーグラスフェッドココアリミテストPココアハイクリアーグラスフェッド抹茶アルプロンチョコバナナボディウイングカフェオレボディウイングチョコミルク
:嫌いではないし、あれば飲む。再購入するかはわからない。
ハイクリアーピーチFIXITコーヒーボディウイングバナナグロングSバナナグロングS抹茶ハイクリアーアップルバルキーココアアルプロンココアミルク
:飲めるけど好きではないし、もう買わない。
ハイクリアーアセロラハイクリアーあっさりミルクグロングSストロベリーハイクリアープレミアムココアアルプロンヨーグルトFIXITナチュラルバニラ
:飲むのに抵抗がある。もったいないから消費するけど途中でやめたい。
(味付けなしプレーンタイプのホエイプロテイン全般)
:飲めない。できれば存在を忘れたい。
(現時点での該当なし)

ランキングについての補足

  • 2020年10月時点のランキングです。
  • ランク内では左にあるほど好みのプロテインです。
  • 『好み』の基準は、飲みやすさ>味>その他の要素、の順番で判断しています。
  • 全てホエイプロテインです。それ以外のソイプロテインなどを試す予定はありません。
  • ホエイのプレーン(味付けなし)タイプは、複数メーカーをまとめてとしています。
  • お腹が空いた時に飲みたいと思えるのは以上です。
  • のボディウイングヨーグルトはクエン酸を足すとの最上位に入ります。
  • グロングSグロングスタンダードリミテストPリミテストピュアの略です。