レビュー:ハイクリアー WPCホエイプロテイン100 さっぱりヨーグルト味を飲んだ感想と情報整理

レビュー:ハイクリアー WPCホエイプロテイン100 さっぱりヨーグルト味を飲んだ感想と情報整理のサムネイル

今回のハイクリアー WPCホエイプロテイン100 さっぱりヨーグルト味のレビューは、初めてではなく購入2回目での作成となります。初回に購入した際に、水割りが好きすぎて牛乳で割るのを忘れてしまい、情報が足りなくなってしまったのが原因です。

ハイクリアーさっぱりヨーグルト味の基本情報

参考にする前の注意

2020年1月時点の情報であり、現行のものとは異なる可能性があります。

パッケージの見た目

ハイクリアー WPCホエイプロテイン100 さっぱりヨーグルト味 パッケージ

原材料名

乳清タンパク、化石サンゴカルシウム/クエン酸、香料、ビタミンミックス(V.C、抽出V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、V.D、V.B12)、乳化剤(大豆由来)、甘味料(スクラロース)、甘味料(アスパルテーム./L-フェニルアラニン化合物)

記事作成時の値段

記事作成時のAmazonでの値段
2480円/1kg(2020年1月時点)
1食分の値段(通常量)
62円/おおよそ25g(1kgで約40.0食分)
タンパク質量20gで計算した1食分の値段
65.61円/おおよそ26.46g(1kgで約37.8食分)
タンパク質1gの値段
3.28円

飲み方

付属のスプーン摺り切り3~4杯程度を、150ml~300mlの水やお好きな飲料に混ぜてお召し上がりください。

ハイクリアー WPCホエイプロテイン100 さっぱりヨーグルト味 パッケージ裏

ハイクリアーさっぱりヨーグルト味の栄養成分表

項目 公式 タンパク質20g基準
エネルギー 101.37kcal 107.27kcal
タンパク質 18.9g 20.0g
脂質 1.44g 1.52g
炭水化物 2.94g 3.11g
食塩相当量 0.16g 0.17g
1回分の量(g) 25.0g 26.46g

購入前にわかる特徴

タンパク質のほかに11種類のビタミンと天然由来のミネラルを含有しています(ハイクリアーシリーズ共通)。

タンパク質量は30g中22.68g。2019年11月に他のメーカーと比較した際は、味なしプロテインを含めた59種類のうち17番目、味付きでは52種類中11位と優秀な値でした。

購入後にわかる情報と飲んだ感想

付属スプーンについて

ハイクリアー WPCホエイプロテイン100 さっぱりヨーグルト味 付属スプーン

ハイクリアーシリーズ共通の付属スプーン

付属スプーン1杯の容量

20cc

付属スプーン1杯のグラム数

すりきりで約10g(3回計測して10g-9g-10g)

プロテインの見た目(さらさら、もったり)

さらさらしていますが細かい粉が舞います。スプーンですくって傾けると、少しその場にとどまり、一気にぽさっと落ちます。

ハイクリアー WPCホエイプロテイン100 さっぱりヨーグルト味 粉の見た目

溶けやすさ

シェイカーに付属スプーン3杯(約30g)のプロテインを入れて:

100mlの冷水で割った場合

比較的溶けやすいです。ダマはほとんど残らず、さらさらとしています。

100mlの冷たい牛乳で割った場合

水よりは少し溶けにくいです。気を付けてシェイクすれば問題ないですが、雑だとわずかにダマが残ります。しかし、気にならない程度です。

ハイクリアー WPCホエイプロテイン100 さっぱりヨーグルト味 をシェイクしてから10分放置した状態

シェイクしてから10分放置した後の状態

袋を開けた瞬間に思ったこと

ハイクリアーシリーズは香りが控えめなことが多いな。よく嗅ぐと、ヨーグルト味の駄菓子(ヨーグレット)に似た匂いがする

味の第一印象

リピート購入2回目での第一印象です。

はじめて水で割ったとき

やっぱこれ好き。ちょっとホエイは感じるけど、ごくごく飲める。水だとあっさりしているな、乳酸菌飲料ってこんな感じだったっけ?

はじめて牛乳で割ったとき

牛乳だとヨーグレット(駄菓子)に近づくな。これでも飲みやすいけど水割りのほうが好き。クエン酸は感じない。

飲みなれてからの味の印象

駄菓子っぽい味なので好き嫌いはわかれそう

香りからして、子どもむけの駄菓子のようで、ヨーグレットというタブレットに似ています。味も、どぎつい甘さではないですが、わざとらしくはあるし、苦手な人はとことん苦手そうです。

水や牛乳でシェイクすると香りがヨーグルトに近づきました。しかし、飲むヨーグルトの味ではありません。なんとなく乳酸菌飲料を思い出したものの、確認のためにピルクルを買って飲んだらまるで違っていました。それでもなんとなくヨーグルトっぽいのはわかる、と、不思議な感覚があります。

水で割るとさっぱりしていてすぐに飲める

常温の水で割ると、少しホエイの香りは気になるものの、甘さが強くなくさっぱりとしてします。ダマはほとんど残らず、泡も気にならないので、ごくごく飲むことができました。どちらかというピルクルに近い?

冷水で割るとなぜか甘さが不自然になりました。夏はそれを踏まえても冷やしたほうが、冬は違和感が減る常温のほうが飲みやすかったです。

推奨量は150ml~300mlとなっていますが、300mlは飲まなくても薄すぎるとわかるので試しませんでした。200ml程度なら薄すぎず、一気飲みできるくらいの味の濃さです。逆に、100mlまで減らすと味がしっかりして、これはこれでおいしく飲めました。

牛乳で割ると少しもったりして飲むヨーグルトに近づく

牛乳で割ると簡単に潰れる細かめの泡が立ちます。今度は飲むヨーグルトに近づきましたが、合成甘味料の不自然な甘さや後味も増しました。

私は水割りのほうが好みでしたが、人によってはこちらのほうが好きかもしれません。

牛乳でも、濃いめが好きなら推奨量より少ない100mlで割るのがおすすめで、多くても200ml程度がよさそうです。それ以上だとヨーグルトではなく半端に香りがついた牛乳になります。

人工甘味料の味はあまり気にならなかった

果物やココアなどの自然のものをベースにした味だと、合成甘味料の変な後味がどうしても嫌になりがちです。ですが、ハイクリアーヨーグルトは元の味が加工食品だからか、あまり気になりませんでした。

夏の暑いときに向いている?

今回は2回目のリピートですが、とにかくおいしいと感じた1回目ほどの感動はありませんでした。おそらく、前は夏だったからだと思います。さっぱり飲めるハイクリアーヨーグルト(特に水割り)は暑いときには向いていますが、改めて冬に飲んだら寒さが際立ってしまいました。

よく混ぜてダマがなくても粉っぽさが残る

プロテイン自体は溶けやすいですが、完全に溶ける感じではありません。特に、少ない水で割る場合、粉っぽさが舌に残ります。これもダメな人はとことんダメそう。

その他、慣れてからの細かい味の印象

飲んだ順番で並んでいます。

水150mlに付属スプーン3杯(公式での推奨量、リピート後初めて)

(あとからピルクルと比較したら異なっていましたが)薄い乳酸菌飲料のイメージ。あっさりしていて溶けやすく、ダマもないのでごくごく飲めました。

牛乳150mlに付属スプーン3杯(公式での推奨量)

ヨーグレットに近づきます。ほぼダマはなく、牛乳でも溶けやすいです。

冷水100mlに付属スプーン3杯

夏は気になりませんでしたが、改めて冬に飲むと、冷水だとホエイっぽさが目立ち、甘さも不自然になるような気がしました。理由は不明。

牛乳100mlに付属スプーン3杯(牛乳割での個人的なベスト)

少しトロリとしていますが、もったりとした一般的な味付きプロテインに比べれば流れやすく飲みやすいです。ヨーグレットから飲むヨーグルトに近づいた印象で、とてもおいしかったです。

水200mlに付属スプーン3杯(水割りでの個人的なベスト/夏)

大きくてつぶれやすい泡がたくさん発生しました。思ったよりも薄くはなく、ソーダバーの内側のミルクアイスのようなチープな味です(これはこれでおいしい)。夏だったらこちらがベストな割合かも。

牛乳200mlに付属スプーン3杯

少しだけ溶け残りとダマがでました。薄くはないですが牛乳が強いです。また、不自然な甘さが目立つようになります。

水100mlに付属スプーン3杯(水割りでの個人的なベスト/冬)

(冬は)最も飲みやすかったです。少し粉っぽいですが量自体が少ないので、一気に飲み干すことができます。しっかりした甘さと(例えのきかない)独特のヨーグルト風味が強く出てきます。この味がたまたま私の味覚には合っていましたが、やはり苦手な人は本当に苦手だと予想します。

フレッシュロック 角型 2.7L に入るか

プロテイン1kgの保管用としてよく使われているタケヤ フレッシュロック 2.7lに入りきるかどうかの検証です。

ぴったり入りますが、途中で容器を叩いてカサを減らす必要があります。さらさらとこぼれず一気に落ちるので、袋を傾けて直接容器へ移すのは難しく、少しこぼしてしまいました。

ハイクリアー WPCホエイプロテイン100 さっぱりヨーグルト味 フレッシュロック

プロテイン全量をフレッシュロックにいれた状態

その他雑記

プロテインを選ぶ際は『飲みやすい』かどうかを大きな基準としています。実は味だけでランキングすると、以前にレビューしたハイクリアーグレープフルーツと同等か少し下くらいなのですが、飲みやすさに関しては今回のハイクリアーさっぱりヨーグルト風味が一番だと思っています。

苦手なホエイ臭さが気にならず、甘すぎず、ダマになりにくく、ふとした時にさらりと飲める上においしい、と、私にはすごく合っているプロテインでした。

ハイクリアーさっぱりヨーグルト味の総評

好みかどうか(5段階評価)

:ご褒美になるくらいに好み。いずれまた必ず買う。

飲み切ってからの感想

初購入時の印象がよすぎて、リピート購入でがっかりするかもと思っていたのですが、杞憂だったので安心しました。好みの分かれる味だとは思いますが、いわゆるこってり系の甘いプロテインに飽き飽きしている方なら試す価値はあると思います。

ハイクリアーさっぱりヨーグルト味のギャラリー

パッケージスキャンはスキャナのサイズが足りなかったので分割スキャンしてから合成しています。

今までに飲んできたプロテインの個人的なランキング

:ご褒美になるくらいに好み。いずれまた必ず買う。
ハイクリアーヨーグルトハイクリアーグレープフルーツハイクリアーミックスフルーツリミテストP抹茶
:飲みやすく好印象。再購入の選択肢に入る。
バルキーコーヒーボディウイングヨーグルトアルプロンチーズケーキボディウイングキャラメルハイクリアーグラスフェッドココアリミテストPココアハイクリアーグラスフェッド抹茶アルプロンチョコバナナボディウイングカフェオレボディウイングチョコミルク
:嫌いではないし、あれば飲む。再購入するかはわからない。
ハイクリアーピーチFIXITコーヒーボディウイングバナナグロングSバナナグロングS抹茶ハイクリアーアップルバルキーココアアルプロンココアミルク
:飲めるけど好きではないし、もう買わない。
ハイクリアーアセロラハイクリアーあっさりミルクグロングSストロベリーハイクリアープレミアムココアアルプロンヨーグルトFIXITナチュラルバニラ
:飲むのに抵抗がある。もったいないから消費するけど途中でやめたい。
(味付けなしプレーンタイプのホエイプロテイン全般)
:飲めない。できれば存在を忘れたい。
(現時点での該当なし)

ランキングについての補足

  • 2020年10月時点のランキングです。
  • ランク内では左にあるほど好みのプロテインです。
  • 『好み』の基準は、飲みやすさ>味>その他の要素、の順番で判断しています。
  • 全てホエイプロテインです。それ以外のソイプロテインなどを試す予定はありません。
  • ホエイのプレーン(味付けなし)タイプは、複数メーカーをまとめてとしています。
  • お腹が空いた時に飲みたいと思えるのは以上です。
  • のボディウイングヨーグルトはクエン酸を足すとの最上位に入ります。
  • グロングSグロングスタンダードリミテストPリミテストピュアの略です。